開封したお酒はNG

ワインボトル

誕生日に生まれ年のワインをもらっても、お酒が苦手な人はただの飾りになってしまいます。ワインの瓶はかさ張るので保管場所にも困り、処分したいと考える人もいるでしょう。ワインはお酒買取業者で買取ってもらえますが、基本的に開封したお酒はNGです。ちょっと味見したり、グラス一杯分ぐらい飲んだりしたワインは買取の対象になりません。ただし、年代物のワインで中身が蒸発してかさが減っているものはOKです。また、買取に出す時は梱包されていた箱などの付属品をつけると、より高く査定してもらえます。そのほか、1本ずつよりも数本まとめて売る方が高く売れます。瓶のホコリや汚れは拭き取り、綺麗な状態にして出すのがマナーです。

査定員が家まで来てくれる

ワインボトル

ワインの買取は店舗に持ち込むだけでなく、査定員が家まで出張してくれる出張査定サービスもあります。出張できる地域はそれぞれの買取業者によって異なりますが、出張費なども取られないのでお得で便利なシステムです。万が一査定金額が気に入らない場合は、断ることも可能です。査定金額に納得したら、その場で現金で支払って貰えます。一度にたくさんのワインを売りたい時や、なかなか店舗に足を運ぶ時間がない人におすすめの方法です。家の中に査定員を入れるのが嫌なら、玄関先で査定してもらうこともできます。電話や業者のホームページから簡単に申込めるので、気になる人は利用してみると良いでしょう。

宅配便で送って査定してもらう

ワインボトル

ワインの買取には、宅配便で送って査定してもらう宅配査定というサービスもあります。ホームページや電話で宅配査定を申込むと宅配業者が梱包用の箱を持ってきてくれるので、その中に売りたいワインを入れて送ります。送料は業者負担がほとんどなので、余計なお金はかかりません。荷物が到着してしばらくしたら、業者が査定金額を電話やメールで教えてくれるので、納得したら買取ってもらいます。この場合は、査定員と対面するわけではないので、お金は銀行に振り込まれます。気をつけなければいけないのは、配送中にワインの瓶がわれないように梱包することです。新聞紙を丸めたものや緩衝材を入れ、箱の中で瓶が動かないように固定させましょう。配送中に瓶が割れると買取ってもらえないほか、瓶が欠けると査定金額が安くなってしまいます。家から一歩も出ずに宅配便を送り、銀行にお金が入金されるので忙しい人でも利用しやすい買取サービスです。

広告募集中